チャコ文化国立歴史公園(Chaco Culture National Historical Park)

もう一つ、ズニ族に縁の深い 素晴らしい遺跡をご紹介いたします。

ニューメキシコ州の北東部にあるチャコ文化国立歴史公園(Chaco Culture National Historical Park)です。

IMG_3424.JPG

ここは、900年頃から1150年頃にかけて造られたアナサジ族最大の遺跡群で、アメリカ南西部地方で最もプエブロ文化の遺跡が濃密に集中している地域でもあります。

チャコ文化国立歴史公園は、ニューメキシコ州に 3 ヵ所あるユネスコ世界遺産のひとつという栄誉を得ています。

(残り 2 ヵ所は、 カールズバッド洞窟群国立公園(Carlsbad Caverns National Park) とタオスプエブロ(Taos Pueblo))



世界遺産にしてはあまり日本では知名度がなく、ガイドブックにも大きく取り上げられない理由は 多分、アクセスの悪さによるものと思われます。

基本的に車でないと行けません。

しかも道が悪く、雨が降るとぬかるむので4WD車でないと無理と聞きましたが、天気に恵まれたため、私達は無理やり普通車で行きました。

北から入るルートと南から入るルートがあり、北のルートはわかりやすく 道路も舗装済みだそうなのですが、私達は南のズニ方面からだったので、未舗装で なおかつ とてもわかりにくいと評判の悪い、南のルートから行きました。

案の定道はとてもわかりにくかったです。

今思い出してもよく辿りつけたなアという感じで、進んでいても本当に着くのかとても不安だったのを覚えています。

IMG_3426.JPG
(↑ダート(未舗装)の道路。土煙が舞います)

IMG_4722.JPG
(↑こんな道が延々何時間も続くので、不安になります)

IMG_3411.JPG
(↑やっと遠くにそれらしきものが!!)



チャコの遺跡群はとても巨大で、緻密な計画に基づいて整備された3-4階建ての500人規模を収容できる巨大な集合住居がいくつもと、そして、多くのキバがあります。

キバとは、アナサジ・インディアンが宗教的な儀式を行うための 半地下の大きめな空間のことを指します。

900年から1000年ごろの古代アナサジの4つの道路は、すべてチャコ・キャニオンに通じるようになっていました。

研究者は、ここには10,000人くらい暮らせる施設があったが、常時居住していたのは2,000人くらいだろうと推測しています。

つまり、この大規模な居住スペースのほとんどは、特別な行事や儀式が行われるときのみに用いられた宿泊施設であり、特別な儀式のために各地からアサナジ族が、定期的にここに集結していたと考えられます。

それらのことから、ここがかつてアサナジ族最大の、一大祭祀センターであったことが伺われます。

現に、この地域に住む原住民には、ここは「周辺の部族が一同に会し宗教儀式を行う場であった」と伝わっているそうです。

IMG_3450.JPG

IMG_3458.JPG

IMG_3462.JPG

IMG_3477.JPG

Chaco_Anasazi_canteen_NPS.jpg
↑チャコ・キャニオンの遺跡群より出土した供膳用の土器

Bowl_Chaco_Culture_NM_USA.jpg
↑プエブロ・デル・アロヨ出土の土器。1030年から 1200年ごろに位置づけられる。



とても広い場所に遺跡が点在しており、じっくり全部見て回ろうと思ったら最低でも二泊三日は必要かと。

キャンプ場が併設されており、私達はそこに宿泊しました。

ここのキャンプ場は星空がものすごく綺麗なこともあり、とても人気があります。

早くから予約しないと、すぐにいっぱいになってしまいます。

ですが、遺跡の中でキャンプできるなんて場所はそうはなく、美しい星空と古代の空気に包まれて眠る夜は最高でした。

IMG_4726.JPG

IMG_4725.JPG

また、この地域は日中と夜間で気温の変化がとても激しく、厳しい気候の土地でもあります。

私達が訪れたのは4月でしたが とても過ごしやすく、4月は1年のうちでもベストシーズンと言えそうです。



IMG_3437.JPG

このチャコキャニオンで最も印象的なこの岩山は、Fajada Butteと言う名称で呼ばれています。

この山頂には渦巻き文様が残されており、そこから古代アサナジ族が高度な天体観測技術を持っていたことがわかっています。

Sun Daggerと呼ばれる太陽の光が、夏至、冬至、春分秋分でそれぞれ異なる場所に、渦巻き文様を、あたかも光の剣で切り裂くように当たるそうです。

とても神秘的なお話です。


--------------------------------------------------------------------------------------------

参考サイト:http://www.ancient-wisdom.com/mexicochaco.htm ※英語です

↓以下は翻訳ソフトでざっと和訳したものです

「チャコ・キャニオンという名前の古代アナサジ地方の遠隔地にある砂漠の床から約400フィート上がっているのは、ファハダ・ビュートと呼ばれる堂々とした自然の構造です。 1年前にアナサジ天文学者に変化する季節を明らかにしたSun Daggerという名の付いた神聖なネイティブアメリカンのサイトは、バットの頂上近くの狭い棚に沿っています。

何故なのかはわかりませんが700年前に彼らが峡谷を放棄した後、太陽の剣士の秘密は、特別な少数を除いて隠されたままでした。 1977年には、突然、ロック・アートや紋章が研究され、カタログ化されていたと思われる時に、誤って「再発見」されました。

1977年、アーティストのアンナ・ソファールは、この地域のロック・アートを探検し、2つの螺旋の光のパターンを見つけました。岩の配列と渦巻きの彫刻が故意であった可能性があると疑って、彼女は一年を通して様々な日にサイトに戻り、同僚と一緒に次の事実を確定することができました:

夏至では、彼女が「サンダガー」と呼んでいた日差しが、より大きなスパイラルの頂上近くに現れ、18分に亘って、その中心を通り抜けて「スライス」され、スパイラルを半分それを再び影に残す前に。冬至では、光の2つの短剣が49分間現れ、その間に大きな螺旋を正確に構成しました。

最後に、同様に魅力的で複雑なライトショーが春と秋の春分に発生しました。大きなスパイラルは、中心から外側に数えて9つの溝があるように刻まれています。各分点で、中心からではなく正確に中心から4番目と5番目の溝の間で大きなスパイラルを切断するような光のダガーが現れました。換言すれば、春分が斑点間の時間をちょうど半分にカットするのと同様に、スパイラルの中心と外側の縁のちょうど中間を切断する。一方、第2の短剣は小さな螺旋の中心を通ってスライスされた。

おそらく何世紀も続いてきたこれらの「ライトショー」は、再発見後数年間続いた。しかし、1989年に花崗岩スラブが移動したことが判明した。明らかにAnasaziによって慎重に配置されていたアライメントはもはやありませんでした。」

--------------------------------------------------------------------------------------------



Fajada Butteは旅行者から守るため、残念ながら現在は閉鎖されており見学はできないそうです。

チャコ・キャニオンの遺跡群は、ホピ族やズニ族などのプエブロ族にとって神聖な先祖の地であって、歴史上の出来事としてのチャコ・キャニオンからの移住や この地に対する精神的なつながりは、口承伝承によって現在まで語り継がれています。

古代の息吹を感じることができる、とても素晴らしい遺跡でした。

IMG_3440.JPG

IMG_3427.JPG


ピュアセレクトショップのmorongoへ戻る→
https://morongo.thebase.in/

エル・モロ国定公園 (El Morro National Monument)

今回は、ズニ族の村近辺にある、ズニ族にゆかりの深い遺跡をご紹介したいと思います。

まずは「エル・モロ国定公園 (El Morro National Monument) 」です。


エル・モロ国定公園は、ズニ族の村から車で約30分ほど行ったところにあります。

ここは、大昔から砂漠の中のオアシスとして 何世紀にも渡って多くの旅行者を抱えてきました。

(今はほとんど砂漠ですが、昔は もっと豊富に水があったと思われます)

IMG_3355.JPG

IMG_4685.JPG


ガイドブックなどにはあまり載っていない、正直ちょっと地味目な国定公園なのですが、

期待しないで行ってみると、、、、これが結構すごい!

とにかく大きい!広い!雄大!そして、あまり人がいない!

これぞアメリカ!という景色を、誰にも邪魔されることなく、ゆっくりと堪能できます。




岩肌に残る古代からの壁画が見どころです。

一番古いものはズニ族の祖先でもあるアナサジ族(古代プエブロ人)によって、11世紀から15世紀初頭にかけて記されたものだとか。

IMG_3358.JPG

IMG_3357.JPG

IMG_3359.JPG

IMG_3360.JPG




頂上には古代プエブロ人の住居跡が残っています。

この古代プエブロ人の住居は、A.D.1275〜1350年位に造られたもの。

約1500人ほどの人々が暮らしていて、部屋数は実に875室もあるのだとか!

敵から身を守るため、こんな高い岩の上に住んでいたようです。(不便そうです。。。)

IMG_3344.JPG

IMG_3345.JPG

IMG_3346.JPG

IMG_3347.JPG



大きな岩山の真ん中には、大きな穴が開いています。

そして大きな岩の柱が立っています。

自然に作られた風景のはずなのに、なぜかとても「何か」に見えるような、不思議な風景が広がります。

古代のプエブロ人たちは、この風景を見て何を思っていたのでしょうか?

思わず思いを馳せてしまいます。

IMG_4691.JPG

IMG_3353.JPG

IMG_3356.JPG




キャンプ場も併設されていて、使用料はなんとタダ!

(冬季は凍結防止のため水道が使えませんので注意!)

私達はここのキャンプ場を定宿にして、ここから毎日ズニ村まで通っていました。

IMG_3363.JPG

IMG_4702.JPG



エルモロ全体をゆっくり回ると所要時間は大体2~3時間。

トレイルは、行きと帰りとで景色が全然違っていたりして、予想以上に楽しめるところでした。

とても静かで、美しい自然をいっぱいに感じられる 素敵な場所です。

IMG_3366.JPG

→ エルモロ国定公園のウェブサイトはこちら
https://en.wikipedia.org/wiki/El_Morro_National_Monument

ズニ族について②

ズニ族のインディアンジュエリー

ネイティブアメリカンは、部族ごとにそれぞれ得意な技術を持ちますが、ズニ族は特にジュエリー細工が得意で知られています。

ズニの人々はとても手先が器用で、繊細な作業が得意です。


ズニ族のインディアンジュエリーはとても繊細で美しく、カラフルです。

ターコイズなどの色とりどりの貴石やマザーオブパール、コーラルなどを細かくカットして組み合わせた「インレイ」と呼ばれるスタイル や、小さく切って磨いたターコイズを使った「ニードルポイント」など、配色個性と技術に関して、世界からの評価も高いです。

一見抽象的に見られるようなデザイン にも、シンボルや宗教的な信条が盛り込まれていることもあります。

i.jpg

i.JPG

ii.jpg





ズニ族の宗教・宇宙観

宗教心がとても強く、今でもシャーマンが宗教儀式を執り行っていますが、ホピ同様、精霊や部族の儀式に関しては非常に閉鎖的で秘密にされており、そうすることで外部からの侵略にも負けず独自の伝統を守り続けています。

また、ホピ同様「精霊カチーナ」たちは、彼らの中でとても重要な役割を持つ神のひとつです。

カチナ,またはカチーナとは主にアメリカインディアンのホピ族が信仰する、超自然的な精霊のような存在です。

ホピ族やズニ族、アコマなど、アメリカ合衆国の南西に位置するプエブロ地区の西側にカチーナ宗教が多く広まっています。

アリゾナ州フラッグスタッフ郊外のサンフランシスコピーク近くの聖なる山に住んでいると言われているそうです。(wikipediaより)

516px-Kachina_dolls.jpg




ズニ族と日本の親和性

彼らの間には太古から伝わっている創世神話があり、それは日本の古い伝承や神話と非常に類似性があると言われています。

その他にも、ズニ族と日本人とは様々な共通点があると指摘している学者たちもおり、もしかしたらズニ族と私たち日本人の間には、なにか特別な関係があるかもしれません…。

そう考えてみると、ズニ族のジュエリーを手にすることは非常に意味深いことのようにも思えてきます。

IMG_3329.JPG

IMG_3330.JPG

IMG_4502.JPG

↑ズニの創世神話が描かれた本。

古事記以前の日本の神話と同じように、最初の人間は宇宙から来た生命体だと書かれています。
大変興味深い内容です。





ズニ族について

こんにちは!

少し暖かくなって、ようやく春の兆しが見えてきましたね。


今日は、インディアンジュエリーを扱っております北米インディアンの「ズニ族」について、お話していきたいと思います!

不思議なご縁で、2017年から幾度もズニ族の村へ訪れることになり、ズニの村の方たちと交流をさせていただく機会をいただきました。

当店で扱っているジュエリーは、全て現地のズニ族の居留地内で、直接 買い付けをしてきたものです。

少し専門的な話になりますが、素敵な素敵なズニ族のお話、よろしければどうぞお付き合いくださいませ☆



ズニ族って?

ズニ族 は、アリゾナ州とニューメキシコ州にまたがるエリアに居住している、太古からつながるプエブロ系アメリカインディアンのうちの一族です。

サンタフェ地図1.png

ZUni1924.jpeg



単一民族で、どちらかといえば小さな集団であるズニ族は、民族内での結束が非常に強く、繰り返される外国からの侵略を乗り越え、先史時代よりズニの村にずっと住み続けています。

他の部族よりも争いを好まず、平和的な部族と言われ、自分達の文化を尊重しながらも、外部からの要素を積極的に受け入れてきました。

数々な理由で押しつぶされてしまった部族も多い中、 ズニ族は、現在のアメリカで昔ながらの暮らしぶりを続けている稀な部族のうちの一つです。


341px-Zuni-girl-with-jar2.png

20100218231442.jpg



<ズニ族の言語と文化>

彼らは伝統的にズニ語を話しますが、その独自の言葉はその他のネイティブアメリカンの言葉と何の繋がりも無いことがわかっています。

ある言語学者によると約7000年ものあいだ独自の言葉を維持してきたとも。

北米インディアンとしては例外的にB型の血液型が多く、文化的にもユニークで、以前からその特異性は論議の的だったと言います。

性格的には穏やかな人が多く、村はのどかでのんびりとした空気に包まれています。


zuni1.JPG
国道沿いの看板。ここから先がズニ族の居留地内であることを示しています↑


zuni.JPG
ズニ村の山道↑


ちなみに、ズニ村の中は基本的に人、風景ともに写真撮影禁止となっております。そのため、ズニ村の中を写した写真は極端に少ないです。


続きます。

ズニ族 ターコイズプチポイント フラワーゆらゆらペンダントトップ

まだまだ寒い日が続きますが、暦の上では今日から立春。

ようやく春です🎵

とは言え、今週はまだまだ気温の低い日が続くようなので、皆さまどうぞお風邪などひかれぬよう、暖かくしてお過ごしくださいね(*^^*)




今日はこちらの3点のズニジュエリーをアップいたしました。


ズニ族 ターコイズプチポイント フラワーゆらゆらペンダントトップ

i.jpg
IMGP6031.JPG
IMGP5897.JPG



ズニ族 ニードルポイント ターコイズ ピアス

i.jpg

IMGP5716.JPG

IMGP5724.JPG



ズニ族 ターコイズ ニードルポイント フープピアス

icatch.jpg

IMGP5747.JPG

i.JPG



いずれのジュエリーも、天然石や貝、サンゴなどを細かくカットしてシルバーの台にはめ込んでゆくという繊細な技法で作られています。

存在感のあるネイティブアメリカンのハンドメイドのアクセサリー、

普段の洋服も、ごくシンプルな洋服のコーディネートの時もぐっとおしゃれをひき立ててくれそうですね

心のこもった手作りのシルバーアクセサリーはプレゼントにも大変喜ばれそうです☆

https://morongo.thebase.in/





ズニ族インレイジュエリーをHPにアップしました♪

こちらへのお知らせが大変遅くなってしまいましたが、オンラインショップにズニ族インレイジュエリーをアップしております。



今回アップしたのは こちらの3点。

ズニ族 マルチストーン インレイ ティアドロップ型ペンダントトップ
IMGP5973.JPG

ii.jpg


ズニ族 ターコイズクラスター フラワーペンダントトップ 
IMGP5845.JPG

IMGP5848.JPG


ズニ族 ビンテージ ターコイズプチポイント オープンハートペンダントトップ
i.jpg

IMGP5591.JPG



これらのインディアンジュエリーは、すべてズニ族のアーティストによるハンドメイドで、「インレイ」という技法で製作されています。


「インレイ」とは、ズニ族の得意な銀細工の技法のことで、あらかじめ作ったシルバーの枠に、細かくカットした石や貝、珊瑚等をはめ込む難しい技法です。

実際に品物を手に取って見るとわかりますが、信じられないくらい細かい作業がなされていて、ズニ族の方の技術力と美術的センスには、ただただ感動してしまいます。


この手先の器用さ、細かい作業を得意とする点も、ズニ族と日本人がよく似ている と言われる所以なのかもしれませんね(*^^*)


日本人とは魂レベルでご縁の深いズニ族アーティストによるジュエリー。

同じものは二つとない 全てがアーティストによる一点モノとなっておりますので、気になる方は是非お早目にゲットしてくださいね♪

https://morongo.thebase.in/



バオバブオイルで手作り万能クリーム♪

バオバブオイルを使って、手作りコスメを作ってみました。

材料さえ揃えれば、とっても簡単に作れるんですよ🎵🎵


手作りのコスメなら、化学薬品など成分に対しての余計な心配をすることもありません。

口に入れても大丈夫なものばかりで構成されているので、とっても安心です。

できたクリームは リップバームやハンドクリームに。ボディクリームや

ヘアワックスとしても使えます。

慣れて来れば自分好みに色々アレンジしていけるのも良いですね。



レシピはこちら↓

IMG_5225.JPG
<ミツロウバオバブクリーム>

材料 (10g容器1個分)


ミツロウ.................1g
バオバブオイル...........9g
お好みの精油.....................1,2滴



用意する道具


・耐熱容器
・小鍋
・スパチュラ(へら)なければ割り箸など
・できたクリームを入れる容器



作り方


①耐熱容器に分量のミツロウを入れる
②小鍋に水を入れて火にかける
③小鍋の水がお湯になったらミツロウの入った耐熱容器を湯せんし、溶かす
④ミツロウが十分溶けたら分量のオイルを入れ、よく混ぜる
⑤耐熱容器を火からおろし、精油を1、2滴たらして軽く混ぜたら用意しておいたクリーム用容器に流し込む
⑥固まるのを待って完成


クリームの固さは、オイルの量によって調節できます。
ミツロウを増やすと固いクリームに、オイルを増やすと柔らかいクリームになります。

固さは季節(温度)によっても変化します。冬は固いクリームができがちなので、オイルをやや多めにすると良いと思います。

オイルはお好みのオイルで作れます。バオバブオイルの他にホホバオイル、オリーブオイル、ヘンプオイル、シアバター、ココナッツオイル、椿油などなど。
いろいろとお好みでブレンドしても良いですね。



https://morongo.thebase.in/categories/303982











冬、到来ですね。。。

いよいよ本格的な冬の到来ですね。

日に日に寒さが厳しくなってきています。。。うう、寒い!

そして空気はますます乾燥し、お肌もますます乾燥する季節となってきました💦



肌の乾燥対策には、1に紫外線2に保湿!というのがもはや常識となってきておりますね。

先日 東京都内を歩いておりましたら、真冬にも関わらず 日傘を射していらっしゃる方、UV対策用サンバイザーをかぶって顔をすっぽり覆っていらっしゃる方など 何人もお見かけしまして、正直 少々驚きました(汗。

皆さま、冬でも全く怠ることなく紫外線対策をしっかりなさっておられますね!さすがです。

東京は特に、からっ風で 乾燥がスゴイですからね。



1の紫外線から肌を守ったら、忘れずに次は2の保湿!ですね。

我が家も、保湿にバオバブオイルがすっかり手放せない今日この頃です。

希少なマラウィ産バオバブオイルが、乾燥対策に今年も大いに役立ってくれています🎵

icatch.JPG



我が家では、今年もバオバブオイルにお庭のラベンダーを投入して、自家製ラベンダーオイルにしております。

これ、とても手軽ですし香りも良く、お気に入りのワザです💓



IMG_5220.JPG
(↑容器は適当な空き瓶にうつしております(*^^*)

作り方はとっても簡単。

ラベンダーの生の葉っぱを軽く洗って水気を取り、オイルに浸して1週間~数週間置くだけデス。

注意点としては、

・ラベンダーが必ず全部オイルに浸っていること。オイルに浸っていないとラベンダーからカビが生えちゃうことも。
・1か月ほど経ったらラベンダーは取り除くこと。

くらいでしょうか。


ラベンダーは古来より肌の皮脂バランスを整えてくれる効果があることで知られています。

良かったらためしてみてくださいね♪

マラウィ産バオバブオイルは、たくさん入荷したはずが、在庫も残りわずかとなって参りました。

気になる方はお早目にどうぞ!


https://morongo.thebase.in/categories/303982







posted by morongo at 17:51Comment(0)日記

ズニ族 ビンテージ マルチストーン インレイ エンブレム型ペンダントトップ

今日はオンラインショップにこちらの三点をアップしました。

ズニ族 ビンテージ マルチストーン インレイ エンブレム型ペンダントトップ
IMGP5933.JPG

ii.JPG

IMGP5993.JPG


ズニ族 ターコイズ スクエア型 ペンダントトップ

i.jpg

IMGP5887.JPG

IMGP5963.JPG


ズニ族 マルチストーン インレイ トライアングル型ペンダントトップ
i.jpg

2.jpg

IMGP5984.JPG


この度、ピュアセレクトショップmorongoでは、インディアンジュエリーのお取り扱いを始めました。

これらのアクセサリーは、全てズニ族のものとなります。


ズニ族とは、アリゾナ州とニューメキシコ州にまたがるエリアに居住している 太古からつながるプエブロ系アメリカインディアンのうちの一族です。


アメリカインディアンとは、ヴァイキングやクリストファー・コロンブスによるアメリカ本土への到達以前からアメリカ州に住んでいる諸民族を指します。

通常「インディアン」と言うと、日本では主に北米本土の先住民を指しますが、本来は中南米の先住民「インディオ」やアラスカの「エスキモー」、それにハワイに住む「ハワイ原住民」などもアメリカインディアンに含まれます。(wikipediaより)


そして、北米インディアンだけでもおびただしい種類の部族が存在します。

ニューメキシコ州に住むインディアンだけでも、その部族数はゆうに50種類を超えます。

日本ではホピ族やナバホ族、アパッチ族などが有名ですね。

そのことを知ると、改めてアメリカという国の持つ多様性には驚かされるばかりです。



不思議なご縁で、2017年から幾度もズニ族の村へ訪れることになり、ズニの村の方たちと交流をさせていただく機会をいただきました。

こちらのジュエリーは全て現地のズニ族の居留地内で、直接 買い付けをしてきたものです。

美しく繊細な ズニ族のジュエリーの数々は、慌ただしい現代社会の中で、ピュアな波動を必要としている方に是非ともお届けしたいアイテムです。


https://morongo.thebase.in/